おバカなPOKEにも知恵を与えたまえ・・・ 自己満足的主婦メモ
シン・ゴジラ
2016年07月30日 (土) | 編集 |
映画 「シン・ゴジラ」

今回の監督は庵野秀明と聞いて、あまり期待してなかったのよ。
これまでの作品での暗さとクセがゴジラ作品にも重なるんだろうなぁと思ってたから、ほどほどに楽しんでみようと思ってて。
見た目は”かわいくない!”ゴジラだったから。
これまでの日本のゴジラはネコ系なお顔だったし、ハリウッドはイヌ系なお顔で、それぞれ愛嬌あってかわいかったんだよね。(笑)

あまり期待しないで観たこともあったからか、思ったより面白かった!
ゴジラの攻撃は巨神兵だし、緊迫感あるシーンの作りはエヴァだし、やっぱり庵野さんだなってよくわかる。

日本の弱点がよくわかるし、国民性もよくかわる作品でもあるね。
やっぱりいつでも「いざ!」てときは、ちょっと異端な人々。
通例や規則にしばられた人では対応しきれないことがほとんどだ。
これまで、日本では大震災も大災害もあったし、強い面もたくさんあるけど、机上でしか物事考えられない政治家には閉口しちゃうね。

新幹線とか電車が武器(?)になるシーンはすごかったね!
みごたえあったわ♪

しかし、ゴジラに参加してる人多いね~!
主役級の俳優がチョイ役やってたり。
てか、ゴジラが野村萬斎てのもすごい。
進化途中のゴジラの這いまわるシーン・・・ なるほど。。。
奥さんの安野モヨコも?
エンドロールいろいろチェックしてたら、え?てのがけっこうあったわ。
協力に「秋田」って? 秋田県がどっかあった?
もう一回、観る目を変えて観てみたくなっちゃった。(笑)

思った以上に満足度は高くなったゴジラとなりました、とさ。  ̄▽ ̄




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック