おバカなPOKEにも知恵を与えたまえ・・・ 自己満足的主婦メモ
マネーモンスター
2016年06月18日 (土) | 編集 |
映画 「マネーモンスター」

今日は特に予定もないし、映画はなんかあったっけ・・・とチェックしてみたら、チケット代が1100円になってた。
あれ? 映画ディでもないし、レディースディでもないし、TOHOシネマズディでもないし?
あれれ~? と思いながらポチっとシートを確保しちゃったわけでこの映画。 ̄▽ ̄
映画館に行ってこれが”シネマイレージウィーク(会員限定)”だったことを知った。
こういうサービスもあったんだねぇ。。。知らんかったよ。(笑)

で、映画。
監督がジョディ・フォスターかぁ・・・ あまり得意じゃないのよね私。
いや、嫌いってことじゃなくて、ジョディ・フォスターが関わる作品て私のツボにハマったことがなくて。
でも、わりと興味ある内容だったから観てみようかと思ったんだけどね。
まあ、目新しい内容でもなくて、ありがちっていえばありがちな内容なんだけど・・・

個々のキャストはなかなか魅力的ではあったんだけど、全体的には印象薄い作品かも。(個人的に)
しかし、トイレシーンが多いのはなぜ?(笑)

犯人が賢いわけでもなくバカでもなく、普通な感じの人なんだけど、愚かだな~と思いつつ味方したくなるのは現実にこういう人の方が多いんだろうなという共感的なもの?
みんなが犯人のようにはならなくても気持ち的にはそう思ってる人の方が多いだろうという意味で。

真実は報道とは全然違うことがほとんどだろうなと思ってしまうね。
実際、経済の中の真実なんてものを知ってるのはほんの一握りの人だろうと思ってた。
日本のバブルだってほんの一握りの人に踊らされた結果だったしね。
世界経済なんてそんなもの。
と、思ってはきたけど・・・・ 実際はどうなんだろうね。

でもさ、こういう事件が日本に起こったら、犯人射殺まではいかないだろうね、きっと。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック