おバカなPOKEにも知恵を与えたまえ・・・ 自己満足的主婦メモ
パワーゲーム
2014年11月23日 (日) | 編集 |
映画 「パワーゲーム」

この映画は予告を観て、私好みのストーリーだと思って観に行っちゃった。(^^ゞ
私は意地の悪い上流階級の人に下流階級(?)の人がギャフンと言わせるような気持ちスッキリするストーリーが好きなのよ。
古くはエディー・マーフィーの「大逆転」とかマイケル・J・フォックスの「摩天楼はバラ色に」とか・・・
まぁ、そういったラストがスッキリするストーリーが好みでワンパターン的でも好きで観ちゃうわけで。

「パワー・ゲーム」もIT会社の社長にいいように使われながら、最後はギャフンと言わせる感じ。
サスペンスといってもそんなにハラハラ感はなかった気はするけど、なかなか魅力のある俳優たちだったわ♪
ゲイリー・オールドマンの敵役(悪役?)は見慣れてるけど、ハリソン・フォードも実は敵役だったのね~。
アダム役のリアム・ヘムズワースはちょっと魅力的だった。^m^
どっかで見たことあるなと思ったら、エクスペンダブルズでだったわ。
そのときもちょっとかっこいいぞと思ったもん。(笑)
でも、あまり記憶に残ってなかったってことは、印象がそう強くないってことかな。
いや、あくまで個人的な意見。 ハイ。。。

けど、この映画、キャストのおかげで面白さが倍増してたのかも。
そう有名じゃない人がキャストだったら観なかった映画かもしれないし、そう面白く感じなかったかも。
映画ってストーリーはもちろんだけど、キャストでも映画の魅力が大きく左右されるんだなーと実感した1本だったかも。
エマ役のアンバー・ハードもキレイで良かったわ。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック