おバカなPOKEにも知恵を与えたまえ・・・ 自己満足的主婦メモ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
水の戯れ
2014年11月13日 (木) | 編集 |
演劇 「水の戯れ」

今日はお誘いいただいてお芝居。

 ~ Story ~
家業を継ぎ、仕立屋をしている男。長らく、死んだ弟の細君にひそかに思いをよせている。
実弟の妻だったことはむろんだが、生来のまじめな性格のため、告白できない。男の気持ちに薄々気づいている女も、思いを同じくしているようだが、亡夫のことがあるのか、はっきりとは気持ちを表してはいない。
そんな折り、海外に 仕事の場をもっている、無頼な兄が若い中国人の恋人を連れて帰ってくる。
2人の親密なけんかを見るにつけ、男は40を過ぎ、いよいよと決心を固めつつあるが、 懸念が先だって行動に移すことができない。
ハッキリしない2人の態度と、周囲の勘違いと思いこみも合いまって、事態は次第に緊迫感を増し、ゆっくりと狂い始めていく。


あらすじからすると、じれったい愛情がゆきかう話?とか思ってたけど・・・
私には「どうしてそういう表現するの? 何が言いたいんだよ?」的な気分的にスッキリしない会話が多かったわ~。
まぁ、会話というか、登場人物の性格というか?

なんで、みんな素直じゃないの?
ストレートに言えば、ここまでこじれないでしょ!
という、人間の嫌な部分が見えちゃうお話。
故に結末はきっと明子さん(男の亡くなった弟の妻)は死んじゃうんだろうな・・・と。
その読みは当たってたね。
人の感情がここまでもつれて環境(わざわざおまわりさんがピストル置いてった。普通そんなことあるかい!と言いたい。笑)が整えば・・・ね?

お芝居ってどうしてこう「ここで終わりかい!?」てなものが多いのかな。
起承転結がハッキリした映画を好んで観る私にはちょっとイラだったりするわけで。(^^;ゞ
俳優って深層心理につっこむような役柄を好むのかしら。
それをどう表現するか、表現できるかってことがいいんでしょうけど・・・
単純な私には人のイヤな部分を見せられてる気がして気持ちいいものではないのよね。
それはそれで演劇としては成功なのかもしれないけど。

それにしても中国人役の方、中国人ぽくて良かったわ~。
大きな声でしゃべるとか 言葉のしゃべり方とか、そうそう! そういう感じの中国人が多いね!って。
つい私もそのしゃべり方を真似してみたけど、思った以上に同じような感じでスラスラしゃべれるのよ。
やってみると、ちょっと面白かった。 * ̄m ̄* 

今日もありがとでした、ますみさん♪




コメント
この記事へのコメント
お芝居より
マダムの中国喋りがおもしろかったよ~
あのメール見て、電車の中でニヤニヤしてしまったじゃないか!(^^;)
2014/11/14(金) 12:26:50 | URL | ますみ #zmuHxfE2[ 編集]
★ますみさんへ
へへ♪ あのしゃべり、意外に面白いだよ。
クセになる♪  >▽<
2014/11/14(金) 13:05:12 | URL | ★POKE #/InE0eSk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック