おバカなPOKEにも知恵を与えたまえ・・・ 自己満足的主婦メモ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
ポリグラフ -嘘発見器-
2014年10月22日 (水) | 編集 |
舞台 「ポリグラフ-嘘発見器-」

今日はお誘いいただいて演劇。
ちょっと説明しにくい内容なので、あらすじはそのまま引用。(^^;ゞ

ケベックの小劇場の女優で、舞台や映画のオーディションを受け続けているルーシー(太田)。しかし、ようやく手に入れた役が実際に起きた事件で殺された女性の役だったことが分かる。殺された女性の元恋人であり、当時容疑者としてポリグラフ(嘘発見器)のテストを受けた政治学の学生フランソワ(森山)。ベルリンから逃亡し、フランソワのポリグラフのテストを担当した犯罪学者ディヴィッド(吹越)。
フランソワが研究するベルリンの壁と、ディヴィッドの検死報告で語られる殺傷箇所=体節間膜(心臓を二分し、血液を通さない壁)、ルーシーが舞台で読み上げる『ハムレット』のセリフがリンクし、奇妙な偶然により出会った3人が親密になるにつれて、その関係がミステリアスに展開していく。

映像の魔術師ともいわれるルパージュ作品を、スピーディでスリリングでスタイリッシュな舞台として吹越満が甦らせました。身体による表現を重点においたフィジカルシアターとしての要素、また映像や照明などビジュアル効果を駆使した斬新で実験的な手法による、非常にアート性が高く洗練された作品です。
3人の身体が放つ強烈な個性と、斬新な視覚効果が見事に融合して生み出される、緻密で大胆な舞台にご期待ください。


映像と鏡と光を駆使した斬新な舞台でしたよ。
視覚的に強いインパクトがあるので、高く評価されてる舞台なんだけどね、なにせストーリーがクライムっぽいし心理的な部分を多く含んでるから単純ではないのよ。
単純で明快なストーリーが好きな私には難しかったわ。  ̄▽ ̄;

しかし、ちょいとエロい部分もあるので、映画でいうとR指定ありの舞台?
心と体のつながりという部分で、抜くことができない部分なんだろうけどね。
埋めく感情というか、落ちていくさまというか・・・ う~む。。。
まぁ、スカッと楽しめるものではない内容ではある。

舞台の中でスローモーション的な動きをするんだけど、これはきっついだろうなーと思いつつ見ていたわ。
体鍛えてないと絶対できない動きだもん。 
見事でしたわ。 さすが評価の高いダンサーだわね。 全然好みじゃないけど。(失礼)


ますみさん、お誘いありがとでした♪ 



コメント
この記事へのコメント
椅子に手をついて
ジワジワ倒れ込んでくとこ?
全然知らない人だったけど、鍛えてるなーって思ったよ。
開演前に吹越さんが言ってた「彼は良く職務質問される」も納得(笑)

二朗さんが出てたテレビ番組、天王洲のお芝居ね。
一応チェックはしてたけど、チケットが高いんでスルー(^^;)遠いし
http://www.39-steps.jp/schedule.html
2014/10/23(木) 16:04:03 | URL | ますみ #zmuHxfE2[ 編集]
★ますみさんへ
そそ、そのシーンね。
すごいなーと思いつつ、個人的には気持ち悪いなーと。。。 ^^;
あの風貌はちょっと生理的に無理なわけで。 でへへ

朝のトーク番組みて、水川あさみがけっこうオトコっぽいんで面白かったよ。
平日だけじゃなく休日も早く起きれ。(笑)
2014/10/23(木) 16:40:21 | URL | ★POKE #/InE0eSk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック