おバカなPOKEにも知恵を与えたまえ・・・ 自己満足的主婦メモ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
請願~核なき世界~
2014年06月04日 (水) | 編集 |
演劇 「請願~核なき世界~」

今日はお誘いいただいて観劇。
お話の内容は以下の通りの二人芝居。

ロンドンの高級住宅街で、静かに暮らす老夫婦。
元陸軍大将の夫と、癌で余命三ヶ月と宣告された妻。
ある朝、新聞の核兵器反対の請願広告に妻が署名していた事を知った夫は、大きなショックを受ける。
退役軍人として今も国家を支持する立場にある夫は、妻を強く責め付ける。
ありったけのエネルギーを振り絞って署名をした理由を夫に訴える妻。
50年以上も連れ添って、初めて妻が夫に自分の主張をした瞬間だった。
夫婦の議論が進むにつれて、お互いの知らなかった相手の真実の姿が現れて・・・


最初から最後まで二人の会話のみの舞台だったよ。
朝まで討論会? 価値観も位置観も違う二人の中でのお話は平行線。
しつこいくらいの討論なんだけど、世の中にありがちよね。

考え方も違えば価値観も違う、という中での理解は言葉においての理論は理解できても納得しがたいのは当然。
あのアジアの大国が著作権無視をする価値観は他の国々には理解できないのと似た感じ?
あ、違うか。。。 たとえが悪かったね。
私も討論はキライじゃないんだけど、どんなに話したところで根本的に価値観違う相手には理解できないと思ってるわけで。
姉妹の中での”思い”も違うのと似てるっていうか・・・
長子としての責任や見栄とかは末っ子の私には理屈は理解できても感情的に理解できないもん。
まぁ、そんな感じの流れの舞台でしたよ。

それにしても、舞台のセットはけっこう良かったな。
イギリスのあたりまえなリビングの感じそのもので、違和感なかったもん。
サイドにお酒コーナーがあるのはイギリスではどこもあるようで。
(TVドラマ「奥さまは魔女」の家を見慣れてたので。笑)
ただ、イギリスならコーヒーじゃなく、紅茶にしたらいいのに・・・と思ってみたりして。(^^ゞ

なかなか楽しませていただきました。
初日公演だったからか、舞台の気合も半端なかった気がするわ。 * ̄m ̄*

今日もありがとね~! ますみさん♪




コメント
この記事へのコメント
お付き合いさんきゅっした♪
あのお酒コーナー、イギリスは普通なんだ!
いいな~って思ったけど、ホコリとか掃除が面倒だなって思いながら見てたよ。
あるとすぐ飲み切るかも?とも思った(笑)

関東は今日、梅雨入りしたらしいね!
予定通り、1日家でまったりじゃ(^^)
2014/06/05(木) 12:20:31 | URL | ますみ #zmuHxfE2[ 編集]
★ますみさんへ
そそ。 サマンサの家にもお酒コーナーあったもん。
だいたい、お客様を家にまねくとお酒飲むのは普通っぽい感じだったよ。
その日の気分というか、好みとかあるから数種類のお酒を置いておくのは普通だったのかも?
そういえば、私も実家にすんでた頃、自分の部屋にウィスキー置いてたな・・・ イギリス調?(違)

あ、PVね、運転してたのがリブちゃん(笑ってるオオカミ)で窓からお顔出したのがタナパイ(右側にベロが出てるオオカミ)
みんなお顔が違うのよ~♪ 
私もすっかり見分けられるようになったわ♪ ^m^
2014/06/05(木) 13:13:00 | URL | ★POKE #/InE0eSk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック