おバカなPOKEにも知恵を与えたまえ・・・ 自己満足的主婦メモ
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
テミルカーノフ指揮サンクトペテルブルグフィルハーモニー交響楽団
2014年01月29日 (水) | 編集 |
サンクトペテルブルグフィルハーモニー交響楽団

今日はお誘いでシンフォニー。 久しぶり。 ^^
演目はロシアの楽団でロシア色。
サンクトペテルブルグという私の舌がもつれそうな名前・・・どこぞの楽団?と上司に聞いたところ、レニングラード楽団のことだよ、と即答。ほぉ~、ロシアの楽団か、と。
上司はクラシック好きでけっこういろんな曲を聞いてるし、演奏者も指揮者も知ってたりする。
まぁ、最近はあまりその機会がなくて、ちょっと昔の音楽家が詳しいんだけどね。

チャイコフスキーはわりと好きなので楽しみにしてたんだけど、4番はあまり聴いたことなかったよ。
やっぱりチャイコはバレエ音楽が親しみやすいわけで。(^^ゞ
カンチェリのアル・ニエンテは全く初めてで不思議な曲だったなぁ。。。
後ろから背中に「わっ!」と驚かされるに近いような出だしや休符でちょい困惑気味だったけど、けっこう面白かったわ。

席が2階席だったので、演奏者がよく見えて、それもちょっと楽しかった♪
アンコールは短かったけど好きなエルガーの曲だったのでちょっと気分よかったかも。^m^

ますみさん、今日もお誘いありがとでした!! 




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック