おバカなPOKEにも知恵を与えたまえ・・・ 自己満足的主婦メモ
治療
2013年05月15日 (水) | 編集 |
豚肉とキャベツの中華炒め・冷奴・ニラおひたし・納豆・お味噌汁
夕飯

今日は仕事が終わってから動物病院に行くので夕飯は手間のかからない炒め物。

ってことで、血の入った胃液を吐いたのは誰かわかったのか?

正直、100%そうだとは言えないにしても、昨日、だいたいわかった。
あれからみんなの様子を目を開からせながら観察してた私。
どの子も調子悪そうにしてないし、トイレも問題ないし走り回るしご飯もちゃんと食べる。
毛玉や一気食いで吐いた子もいるけど、普通のゲロ。^^;

唯一変なのはテテ(=四男猫)だったわけで。
テテ

甘えてゴロゴロいうし、ちゃちゃ姉ちゃん(=次女猫)に悪態つくし、トイレも問題ないけど、ご飯を食べない。
というか、食べたそうにするけど、食べれないって感じ。

以前から、いつかは本格的に治療しないとダメだろうなーって思ってはいたんだけど、それがきたようで。
虫歯なのか、歯肉なのかは口には絶対に触らせてくれないので確認できないんだけど、ムク(=長女猫)とちゃちゃで経験済みなので想定内。
要するに"血の入った胃液"とは、"血の入った唾液"だった可能性が高いってこと。
けっこうな量だったので、胃液だと思って大慌てしたわけね。 ̄▽ ̄;
とりあえず、内臓じゃなかっただけでもホッとした。

で、今日は栄養剤と軽い痛め止め打ってもらって、明日本格的な治療をしてもらうことになりましたわ。
本格的な治療するには麻酔が必要なので、今までなかなか踏み切れずに病院連れて行かなかったわけで。
ここまでになるとガマンの限界超えちゃってるから、テテには頑張ってもらわないとね。

先月のちゃちゃのようにしっかり治療して、あとは元気いっぱいになるといいな。
テっちゃん! 明日は頑張れ!!






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック