おバカなPOKEにも知恵を与えたまえ・・・ 自己満足的主婦メモ
試写会 「レンタネコ」
2012年04月25日 (水) | 編集 |
映画「レンタネコ」

普段はこういったジャンルの映画って疎くて観に行くことがなかったんだけど、幸いにもお友達のお誘いがあり、ちゃっかり受けて観てきました♪
ほんとにいつも図々しくてすみません。。。(^^;ゞ

映画のポスター見たら、どっかで見たことがあるなぁ・・・と思ったら、朝の番組「ZIP!」でやってる「コトバネコ」だった!
そっかぁ、、、この映画の流れのキャスティングだったのか?

映画「かもめ食堂」がとても好評だった荻上監督さんでしたね。
とってもほのぼのした映画。
前にも書いたけど、私は動物が主体の映画は観れない。
演出だとわかってても動物が辛いとか悲しいとかって場面がとっても苦手だから。
けどね、この映画はほんとに動物を大切にしてる人が作ってるんだな~って感じで安心して観れたわ。
猫が演技してるというより、猫が自然体でそこにいる感じ?
猫のおかげで人間模様がとても優しく描かれてる映画でした。ほっ♪

くるねこさんのイラストがまた可愛くって♪
出てくる猫たちもみーんなものすご~~~く可愛い!! ≧▽≦
思わず声が出ちゃうくらい可愛くって目が細くなるわ。 ぐふぐふ♪

レンタネコって寂しい人にネコをレンタルして心の穴をうめていくオムニバスになってるんだけど、この設定に覚えがある。
数年前、猫を飼ってる上司の奥様と、いつも寂しい年配者に動物を飼わせてあげたいねーって言ってたの。
けど、先が不安な年配者はなかなか飼えないで寂しい思いをしてる。
動物を家族に迎えたいけど、一生面倒を見てあげられないかもしれない不安。
万が一のときでもその動物の一生を保障できるとこがあればいいのに・・・ってね。
これはまさにその個人型よね。
行き場を失った動物たちがいつも帰れるところがあるといいな・・・
そう思ってる人はたくさんいるだろうし、この映画を製作した方々も同様の思いがあるんじゃないかと思っちゃいました。
ほんとに優しい映画です。

この映画でまさに同感!と頷いたのは、猫にランクなんてない!ってこと。
ブランド猫だからどうの、雑種だからどうの、って考えはとっても嫌いだったんだけど、どうどうと言ってもらって(セリフにあった)嬉しかったわ。^^

心温まりたい方、おすすめの映画です。*^^*
今回もお誘いありがとうでした、ますみさん!!

 



※ イベント参加 本日のご紹介 ※

第4弾はお題に答えて!【Chef Star料理人鋏(はさみ)】で料理がサクサク! ←参加中
アルスコーポレーション ARS
キッチン用のはさみってお魚を切るとき、けっこう便利。
だいたいは海苔とか切ることにしか使わなかったけど、
魚の干物を切るとき包丁よりキレイに切れるので干物にも使うようになりましたよ。
生魚は包丁だけどね。
今んところキッチン用のはさみはそれくらいしか使ってないけど
使いこなすともっと便利なんだろうなぁ。。。





コメント
この記事へのコメント
歌丸師匠と既に共演中なのね!
お付き合いさんきゅでした(^^)
CランクのネコをAランクの金額で借ります!のとこ
私も「うんうん!」って思って見てたよん。

単身赴任サラリーマン役の光石さん、抱っこがすごく丁寧だったね~
玄関先で靴下履いてマミコちゃんに「行ってくるよ」言ってたシーン
以前POKE邸で見たのとちょっと重なって見えた>ツンパマンとちゃちゃ殿ね(^m^)
2012/04/26(木) 17:18:26 | URL | ますみ #zmuHxfE2[ 編集]
★ますみさんへ
え!? 私は靴下投げて渡さないぞ?(そこ違。笑)

ほんとの動物好きはブランド関係ないよねー!
よくアンケートでもブランドと雑種を分けたがるの気にいらなかったのよ~。
ネコはネコじゃん!!って。
医学的に免疫力うんぬんって話なら別なんだけど、通常において種類別にするの好きじゃないのよねぇ。。。
そうゆうの主張してくれるものってなかなかなかったから嬉しかったよ、この映画。

なんかね、この映画、映画というより小劇場で演劇見てる気分だったわ。^m^
2012/04/27(金) 07:15:12 | URL | ★POKE #/InE0eSk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック