FC2ブログ
おバカなPOKEにも知恵を与えたまえ・・・ 自己満足的主婦メモ
レッド・スパロー
2018年03月31日 (土) | 編集 |
映画 「レッド・スパロー」

スパイ映画が好きなんだけど、これはアクションではなくダークな方ね。
かつてのKGBの話とかはあたりまえだと思ってたんだけど、今もそう変わりはないのかしら。
なんか、ソ連であった頃の話としか思えないのは平和ぼけ? 
現実はどうかというのは映画とかとは切り離して考えよう。 (^^;)

R指定だけあって、けっこうハードな場面も多かったけど、こういう世界もあるんだな、と。
主人公のドミニカはボリショイのプリマドンナ。
バレエのステージ上の事故(故意)の場面にはビックリさせられたわ・・・
こんなこともあるのか?と。
近く”ナンシー・ケリガン襲撃事件”を題材にした映画が公開されるけど、それもまた似たような事件だったかな。

すべてが陰謀?
いったいドミニカはどっち側にいる?とミステリアスな部分もあってけっこう楽しめた。

え? どうする? 
お? そうきた?
ええ!? どうすんの?
で?
おお!?

てな感じ。

美人で強くて賢くて度胸のあるクールな女性には憧れるわ。
自分と正反対だからね。 (^^ゞ

こういった信じがたい陰謀ってたぶんあるんだろうなぁ。。。
国って けっこうおそろしい組織だな。




トゥームレイダー ファースト・ミッション
2018年03月24日 (土) | 編集 |
映画 「トゥームレイダー ファースト・ミッション」

アクションアドベンチャーはけっこう好きなので観る。
私の中のララ・クロフトのイメージはアンジー(以前あった2作品観たから)なんだけど、全然、違和感なく観れたよ。
なんかララの体質も現代っぽくなってるよね。

内容はともかくアクションのハラハラ感は楽しかったよ♪
ネタバレしないほうがいいかとも思うので書かないけど、女性版インディ・ジョーンズを彷彿させるわ。
アクションと謎解きっていえば、やっぱりインディージョーンズでしょ! ^m^
まぁ、それを超えるほどではないけど、なかなかでした。

もうちょっとルー・レンが活躍してくれるかと思ったんだけどな。
ララ強し! です。

興行成績がよければ、また続編が作られる感じね。
楽しいアドベンチャー期待してますよ。
インディ超えるくらいの楽しいのできるといいな。
観る側はどんどん期待をもっちゃうので作る方は大変だろうけどね。 にゃっははー




文豪ストレイドッグス DEAD APPLE 
2018年03月16日 (金) | 編集 |
映画 「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」

他にも観たい映画もあったし、いろいろ予定もあったりで今週末にでも観ようかなーと思ってた文スト。

ってあれ? 16日で終了とな!? ぅえええ!?

てなことで、焦って最終日の本日観てきた、という。。。( ̄▽ ̄;)

いや、もう、思ってた以上に面白かった!
観逃さなくて良かったー!
私はまず映画はレンタルはしないというのがこだわり。
映画館で観なかったらテレビ放送で観るか何かの機会がなければ観ることがない。
レンタルDVDで観ると大して面白くないなとガッカリすることが多いので。
映画館だと集中して観るし映像も音も迫力あってテレビで観ると大したことなくても楽しめるからね。えへ

マンガやテレビアニメだと武装探偵社が善玉なのでステキに見えてたけど、
意外にも私の好みじゃなかった中也と芥川がめちゃかっこよく見えたわ。(笑)
ポートマフィアの連中がなんともクールでかっこよいのよー♪
基本、私はクールなタイプが好みなもんで。(^w^)

文ストは声優陣もいいのでなにかと楽しめるわぁ。
やっぱり声は声優が演るほうがいいな。
観客集めでしょうけど、俳優が声いれるとガッカリすることな方が多いもの。
俳優としては上手いけど、声だけとなると下手ってことが多い気がするなぁ。
ま、そんなことはいっか。。。

正直いうと異能力の名称でそれがどんな力なのかわかんなかったこともあった。
闘い見てて、あーそうゆう能力なのね?って感じでどんくさい受け手な私だったりするわけで。
純文学とは程遠い暮らし(活字本をほとんど読まない。笑)をしてたもので。(^o^;)
そんな私でも作家と作品の名くらいは知ってるので楽しく観れる。

マンガ→テレビアニメ と見てきて映画も面白かったわい♪




ブラックパンサー
2018年03月10日 (土) | 編集 |
映画 「ブラックパンサー」

ブラックパンサーは大好き。 動物の方ね。
私は猫科は全部好きっていったほうが早いか。 ̄▽ ̄
まぁ、アメコミヒーローは観て楽しみたいもの、そりゃ観るでしょ!

外国人が日本人の個人別の見分けがつかなくなるような感覚で、出てくる人物の見分けが時折間違ってしまうのが私の難点。
若いころの父王と王子(息子)の見分けがついてなかったので、エピソードを多少勘違いして観始めたかも。
途中で気がついてストーリの合点がいったので問題はなかったんだけどね。(笑)

今の時代、超先進国の街並みを隠せるのか?
グーグルで発見されちゃうじゃん!とか観ながらおバカなひとりつっこみをしてみる。
核よりすごい武器持ってるぜーな国なのに、世界からは後進国と見られてるワカンダ国でのお家騒動が大きな戦いとなるストーリーね。
ワカンダで産出される鉱石ヴィブラニウムは、全てを破壊してしまうほどのパワーを持ってて、歴代の王は、悪用されないように鉱石の存在を極秘にしてきたわけで。
その鉱石を世界に売って儲けようというする悪物(王族)から国を守ろうとする若き国王(=ブラックパンサー) の戦い。
スピード感あって楽しめるんだけど、ちょっとこれまでの雰囲気とは全く違うわ。
違和感感じるのは舞台がアフリカだからかな。
これからのヒーローものはアメリカだけじゃないってことか。

ブラックパンサーもアベンジャーズに入るし、どう活躍していくのかまた楽しみかも。



ダウンサイズ
2018年03月10日 (土) | 編集 |
映画 「ダウンサイズ」

予告編をみてて、観ようかなと思って前売り券準備してたんだけど、なんやかんやと用事があって先週観に行けなかった。
早く観ないとなーと思ってたら来週半ばにはもう終わってしまう・・・って終わるの早すぎ! 
まだ2週目なのに公開時間は遅いし少ないし。 ^^;
まぁ、私もマッド・ディモンじゃなかったら観なかったかもしれないけど。 てへ


人間を14分の1のサイズにする技術が発明されて地球の問題解決のひとつとして始まった縮小化社会。
元の大きさにもどれるのかなーと思ったら、縮んだら一生小さいままだなんて。
小さくなったらコストもすごく小さくなるから大した貯金のない人でも大富豪なみの生活ができるわけで。

小さくなったら虫も大きな猛獣に見えてしまうんじゃ?と思ったら、そこもちゃんと設定があって
ちっちゃい人間が住む社会は虫がいないドーム?のようなところ。
Gも蚊もいない生活はちょっと羨ましいな。 ^m^

ミニ化するときに髪も眉も剃って治療歯を抜くの? 
全身の毛も剃っちゃったよ、なんで?
と、よく理解できなかったけど、よくよく見てると電子レンジ部屋みたいなものでチン!
あー、毛は焼けるし金属は爆発するからか・・・と
理解が遅い自分に呆れたわ。 ̄▽ ̄;

ポール(マッド・ディモン)も余裕のない暮らしからリッチな生活をするために夫婦でミニ化することを決めたんだけど、土壇場で妻がビビって逃げて・・・
そこからひとりになったポールがミニ社会で送る生活は、まぁ普通の家庭ドラマみたいな感じ。
ミニ人間だからどうこうという話ではなく、どう生活し生きていくかってお話、かな?

地球の自然を思って作ったお話かな。
環境について呼び掛けてる気もしないではない。
けっこう普通に楽しめた気はするよ。

しかし、アクションに出てるマッド(特にボーンシリーズ)が好きだったんだけど、この映画では普通のお腹のでたおじさんでしたね。^m^