おバカなPOKEにも知恵を与えたまえ・・・ 自己満足的主婦メモ
グレイテスト・ショーマン
2018年02月17日 (土) | 編集 |
映画 「グレイテスト・ショーマン」

ミュージカルはワクワクしちゃう。
子供の頃、ミュージカルのように日頃の生活も音楽が流れて歌って過ごせたら何でもないこともドラマチックなんだろうなって憧れてたの思い出した。
私は生活において変化や刺激はあまり好まないから、映画やテレビ、人の話でいろんな経験した気になるのが楽しかったのよね。
それは今でもそうなわけで。

実生活は平凡が一番なので冒険心は全くないのよ。
だからなのか、冒険心いっぱいで紆余曲折しながら成功していくストーリーは大好き。
このミュージカル映画も冒険心いっぱいな人が失敗しながら成功するお話ね。
ミュージカルは起承転結がしっかりしてるから気持ちよく観れるわ。^m^

テンポよく場面場面で見所あって楽しかった。
バーでのやりとりが私はけっこう好き。
もちろんみんな一緒のダンスと歌も素晴らしかったけどね。
ウキウキワクワクするような音楽いいなー♪

観終わったあとシアターから出たらパンフと一緒にサントラCDが売られてて、思わず買っちゃいそうになった。
買えよ!私!
と、思いつつお財布にそんなにお金入ってないことに気付き、やめた。(笑)
(私は現金はあまり持たないカード払い主義だったりする)
あとで思い出して欲しくなったら買えばいいんだもんね。えへ

あぁ・・・ また劇場で生のミュージカル観たいなぁ。。。




ボス・ベイビー 
2018年02月13日 (火) | 編集 |
映画 「ボス・ベイビー」

試写会(吹き替え版)行ってきました。
最後に吹き替え声優の名前のテロップが出るんだけど、きっと今回もズラーっと同じ名前が出るんだろうなと楽しみにしてたの。
ふふ♪ やっぱり最後に笑っちゃいましたよ。
たくさんの役のマモ(宮野真守)の名前がズラーっと。 ミニオンズと同じね。(笑)
悪役の山寺さんはさすがに素晴らしい!

おっと、本編。
赤ちゃん生産工場から赤ちゃんとして家庭に行く子と会社員として仕事をする子に分かれ、見た目はず~っと赤ちゃんなベイビー社の秘密(?)ミッションを請け負う子たちの活躍。
いかにもドリームワークスのアニメで期待を裏切らないストーリーね。
きっと先はこうなるだろうなーと思ってたまんまに流れる感じだけど、それがまたつまらないってわけじゃない。
いい感じで楽しくそのストーリーが流れてて面白おかしく展開してくので楽しめましたよ。

細かな動きも楽しいね。
コミカルで音楽チックなハチャメチャな動きはほんと観ていて楽しいよね。
私的には赤ちゃんは可愛く見えないイケ好かない感じだったけど、そこがまたいいんだろうね。
楽しんで観るにはとてもいいアニメだったかも。 ^^
やっぱりハッピーエンドなのはいいよね♪




マンハント
2018年02月11日 (日) | 編集 |
映画 「マンハント」

えっと・・・ うん、ジョン・ウー監督の映画です。
どうみてもジョン・ウー、どこからみてもジョン・ウーね。 ^^;
まぁ、アクションは期待できるかなーと思って観ちゃいましたよ。

って・・・ え? え・・・演歌ですか?
え? クラブの音楽が、踊りが・・・? えっと。。。
日本人になりすました中国人はやっぱり違和感。
まぁ、ハリウッドで日本を映像化するときと同じ感覚なんですけどね、外国人が思う日本てやっぱりこんな感じなんだなーって。
まだハリウッドよりはましかしら?
という、わかりきったことはいいとして。 (^^;ゞ

刺客の女性、どっかで見たことあるお顔だなーと思ってたら、監督の娘さんでしたか!
華奢とはいいがたい筋肉質タイプの女性。
アクションを撮る監督の娘はアクションをやるために鍛えたってことかな。

定番の白いハトはやっぱり出てたしアクションもこの銃の撃ち方、動き方どっかで観たことあるなーとか、シリアスな映画なのに場面場面で笑えてしまって。
それは私だけじゃなかったみたいで、隣席の人もププっとよく笑ってた。
もうジョン・ウー作品のなにものでもない映画。

この映画は高倉健主演で映画化された『君よ憤怒の河を渉れ』のリメイク版なので、ストーリーはわかってる方が多いわけで。
あとはどう観せてるかってことだもんね。
原作の小説は読んだことないのでなんとも言えないけど、今の日本じゃありえないと思う。。。
設定としてはありえるけど、ガードしてるセキュリティの人たちがあんな闘いするわけないし・・・殺し屋がバンバン撃ち合いできる社会じゃないし?
仮面ライダーにおけるショッカーみたいな悪組織だね。^m^

つっこみどころはたくさんあるけど、創りものだと思って観るとなかなか面白かった。
良くも悪くも監督色が強いのはしょうがないよね、ジョン・ウーだし。 ^m^

しかし斎藤工って悪人役がピッタリくるね。うまい。




不能犯  
2018年02月01日 (木) | 編集 |
映画 「不能犯」

観てみたいなーって気になってきてた映画。
お?映画ディに公開なのね? てんで、早めに帰宅をというお天気予報の注意を聞き流して、ちゃっかり観に行ってしまったわ。(^^ゞ

なかなか面白かったんだけど、いろんなテレビドラマやマンガとリンクしちゃって私の意識がまばら。(笑)
以前は赤い目して人を助けてた松坂くん(日暮旅人)が、この度は赤い目して人を地獄に陥れてる松坂くん(不能犯=宇相吹正)が。
殺人をお願いした人が死んでしまう・・・ あれ? 「いっぺん死んでみる?」の地獄少女を思い出したり。
ドラマ『僕たちがやりました』出演の俳優さんがけっこう出てまして、今回も真剣佑くん爆弾にやられますか・・・と。
まぁ、余計な余談ですが、そんなこんなでいろんな過去のシーンと重なってしまいましてね。

毎度のことながら、原作は読んでなかったんだけど、この漫画は読んでみようかなぁ。。。
宇相吹ってデスノートのいらない死神みたいだし、ちょっといいかげんぽいキャラが興味そそるわ~。
予想つかない行動おこしそうなんだもん。
これ、アニメにはならないのかしら?
松坂くんも役にピッタリな感じで良かったけど、アニメで原作まんまの観てみたい。

多田刑事が原作では男性だったんだね。
私はマンガはマンガ、映画は映画、ドラマはドラマ、アニメはアニメ、として別物として観れるほうなので気にならない。
実は不能犯て悪人かと思ったけど、設定としてはダークヒーロー?
闇の心を持った人を退治していくっていう?
いろんな点で興味が持てた映画でしたよ。




劇場版 マジンガーZ / INFINITY
2018年01月13日 (土) | 編集 |
映画 「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」

永井豪のアニメはけっこう好き。
当初のアニメも好きだったけど、リメイク?したアニメ・デビルマンとかも好きなわけで。
キューティハニーも観たいな。 ^m^

今回は思いがけず舞台挨拶つきの上映で観た。
アニキ(水木一郎)を見たい!と思ったけど、観た映画館にはアニキが来なかったのよね。
でも、森久保さん(兜甲児)良かったわ~♪
リサ役の上坂さんが若いのにマジンガー愛がすごくて可愛かった!
来週はZ(絶)叫上映があるそう。
楽しそうだなぁ。。。  くふ

近年の闘いはクールに派手なアクションだけど、さすがマジンガー!
あらゆる攻撃の名前を叫びながら闘うっていうね! さすが。>▽<
ストレス発散にZ叫上映で一緒に叫ぶのもあり、かと。 (笑)

個人的にはグレートの剣鉄也役で関俊彦さんの声が聞けたってのが嬉しかったりして。^m^
マジンガーもよりかっこよくなってたしね。
ダイアナンAは出なかったけど、マジンガールズがいるのね。
いまどきなレディ戦隊ロボット? 
ボスロボットも活躍してたよ。
ぎゅぎゅーっとマジンガーの面白さが詰まったアニメ映画でした。

キューティハニーもTVアニメで放送されるっていうし、楽しみだわ♪