おバカなPOKEにも知恵を与えたまえ・・・ 自己満足的主婦メモ
GODZILLA 怪獣惑星
2017年11月18日 (土) | 編集 |
映画 「GODZILLA 怪獣惑星」

舞台挨拶ありの上映を鑑賞。
チケットは発売後3分で完売したと言われてたけど、その3分の中に私も入れたのだー! 
にゃはは♪ >▽<

特撮のゴジラは観てた。
ハリウッドのゴジラももちろん観てる。
特撮のゴジラがハリウッドのゴジラと別物であるようにアニメもまた別物として割り切って観たのでとっても面白かったよ♪
純粋にゴジラファンにとっては異論はあるでしょうけど、アニメだからこそのゴジラだね。

設定がなかなか面白い。
特撮で実世界の破壊するのが売りであるならアニメはアニメでしかできないことをってことで未来の設定というのはなかなか発想がいいなと思ったわ。
多少『BLAME!』とイメージ重なっちゃったけど、それはしょうがないよね。
制作会社が同じだもんねぇ。 ^^;
ポリゴン・ピクチュアズ制作のアニメって全部がプレスコなのかな?
個人的にはポリゴンのアニメは好みかもしれない。 (^^ゞ

それにしてもゴジラ、なかなかの筋肉質でした。
もんのすごいマッチョ怪獣。(笑)

特撮のゴジラに執着がない人にはけっこう面白く観れる気がする。
私も別物として観たので楽しめたから。
次回作も楽しみだわ~♪
終わりがちょっとDC、マーベリックに真似た感じもあったけど、日本も実写では製作費で無理な部分はあってもアニメでは是非とも超えて欲しいわ。。。




劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~
2017年11月17日 (金) | 編集 |
映画 「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」

私の回りで前評判が良かったので観たくなっちゃった。
個人的には絵柄は原作の方が好きなんですけどね。 
少尉と編集長は特にね。 ^m^

てんてん眉毛の大佐や酒乱童子など、なかなか濃い楽しいキャラもちゃんと登場してて面白かったわー。
原作読んでるから内容はよく知ってるけど、感動的だったわ~♪
やっぱり少尉はかっこいー!
少女理想の男子ですよ、うん。 

大正浪漫てちょっといいよね。
ほんとに短い年月だったけど、ちょっと憧れる部分もあって。
羽織袴のスタイルもやってみたかったなぁ・・・
まぁ、今も卒業式とかそのかっこうする方も多いけどね。

しかし、なぜ今さら「はいからさん」がアニメ映画になったのか・・・と思ったけど、いつの時代もいいものはいいのだね。
後編が楽しみですよ♪


余談・・・
私はたまに編集長と疾風(カゼ)『ラブパック』と重なって見てしまうことがある・・・ ^^;




マイティ・ソー バトルロイヤル
2017年11月04日 (土) | 編集 |
映画 「マイティ・ソー バトルロイヤル」

うむ。。。確かガーディアンズのときも闘うときにノリのいい曲が流れてたな。
ツェッペリンの曲もかなりいい感じでしたね~♪

なんか笑えるシーンがたくさんあったぞ?
粋と言おうか息抜きと言おうか、プッと笑える部分がたくさん。 
さすがコメディ俳優でもある監督さん? ^m^
全体ユーモアたっぷりにストーリーが展開してった感じ。

あれ?ソーって実はそんなに強くないの?て感じもしたりして。
ソー本人が自分の力をわかってない?
ハルクも出てくるし、女戦士ヴァルキリーも一緒になって闘うわけで。

なかなか楽しく観れたよ。
でもマーベルのヒーローたちはアベンジャーズありきなのね?
もう単独のヒーローでは初登場のヒーローじゃない限り作らないんだろうなぁ。
いったいヒーローは何人になってくやら・・・


しかし、アメコミヒーローはほとんどがおっさんだね。
日本のヒーローは若者少年がほとんどだから迫力が違うのかしら?(笑)




アトミック・ブロンド
2017年11月04日 (土) | 編集 |
映画 「アトミック・ブロンド」

スパイ映画が好きな私はやはりこれも観たかったわけで。
なんでクールな欧米人女性はこんなにかっこいいんだろう。。。 ̄▽ ̄

ベルリンの壁が崩壊する時代の話。
東側ではKGBがとても力を持ってた時代ね。
二重スパイたちの騙しあい?
さて、どっちが勝つか。 てな駆け引きも面白かったな。

血肉がとぶ映像。
この監督さんはこういう映像が得意なんだね。
確かジョン・ウィックもこんなんだったっけ。 ^^;

アクションはけっこうすごかったよ。
見栄えあったと思う。
痛快な完結、だったかな。  ̄m ̄


ベルリン崩壊の時代だからデヴィット・ボウィーの曲が使われてたのかな。
懐かしい曲がいっぱい流れてた~♪




ブレードランナー 2049 
2017年10月28日 (土) | 編集 |
映画 「ブレードランナー 2049」

「ブレードランナー」は名作だった!とちょっと興奮気味だったダンナさまより先に観ちゃった。
映画ファンというより「ブレードランナー」ファンというコアなファンもいるくらい人気があったらしい。
ダンナさまの友達の知り合いにそういうファンがいたらしいんだけど、2049を観る前に病気で他界してしまったという残念なお話を聞いちゃった・・・

と、ダンナさまからいろいろ聞いてる私、実は「ブレードランナー」観てなかったのよねぇ。。。 
ジャンルからしたら観ていていいはずなんだけど、どうして観てなかったのか・・・覚えてない。(笑)
ほんとは「ブレードランナー」観てから2049を観たほうがいいんだろうけど、だいたいの内容は知ってるから、まぁいっかー的な思いで観ちゃったよ。

すんなり話にはついていけたけど、やっぱりデッカードとレイチェルとの出来事を詳細に映像として観てたほうがより面白かったんだろうなぁ。
いつか人間と見分けがつかないアンドロイドができるんだろうなーと子供の頃から思ってはいたけど、ここ近年のAIの進歩で、なんか現実味ますわけで。
もう夢物語じゃなくて現実的になるのもそう遠い話じゃないんじゃないかと・・・

というかさ、なんでこう女性の裸があたりまえなのさ?
未来の東京?なのに白人と黒人ばかりってさー。。。
私としてはデッカードの飼い犬?が気になって気になって・・・ちゃんと助かった? あとで面倒見てくれる人いる? デッカードもどってくれる? とか、ワンコのこの先考えちゃって。 
動物が出ちゃうと私はダメだな。  ̄▽ ̄;

あ・・・あれ? 観終わったあとに気付いたけど上映時間が163分もあった!?
といいつつ、苦痛じゃなかったってことは私の中でけっこうおもしろく観れたってことなのかも。(笑)

映画は映画館で!派なんだけど、過去の作品だからやってないし一度は「ブレードランナー」も観てみなきゃね。(^^;ゞ